新古車を買うことにした

独身時代からの私の愛車の調子が悪くなってきました。市内在住ですが郊外に住んでいるため、小さい子どもを二人連れての移動には車がないと不便です。主人と話をして車を買い替える事になりました。

そこで問題になったのは、新車を買うか中古車を買うかです。

新車はキレイだし、変なクセもついていません。カスタマイズも好きにできます。もちろん修理の心配もあまりありません。それに税金も当分の間、上がる心配もないし、任意保険も新車割引があったりします。でも、新車は高いのが難点です。

中古車は安い反面、ペダルやギアに変にクセがついていたり、いつ修理箇所が出てくるかわからず税金も数年間使用してれば上がります。

決めかねながら自動車販売店に行くと新古車はどうかと勧められました。未使用車とも言うようですが、主に展示車や試乗車として販売店で使用した車らしいです。新車同様なのに、新車よりも数十万円安い。最高です。しかも今、販売店にない車種でも探して取り寄せてくれるといいます。

結局、私達夫婦は、新古車の購入を決めました。新古車が人気なのは知っていましたが、候補には入っていなかったので『ここまで値段が変わるのか』と驚きでした。

新車か中古車でお悩みならば、新古車もありだと思います。