ローンが残っている車の買取査定で迷うこと

ローン途中の車買取査定

ローンの途中でも車は売れます。

ガリバーとかビッグモーターなどの買取店に持って行けばちゃんと査定してくれて買取ってくれます。

しかしローン途中の車の場合、所有権の問題があるため余計なことで色々迷います。所有権の解除ってどうやってやるのかとか、どこに売るのが正解なのかとか、残っているローンはどうすべきかとか。

実際は所有権解除などを買取店が代行してくれるので、ローン途中の車の売却といってもそれほど心配には及びません。知っておいた方が良いことは以下の2つだけです。

所有権解除の条件

ローン途中なら所有権あり

ローンを払っている途中の車って実はまだ完全には自分の名義にはなっていません。車検証の所有者の欄を見れば販売店や信販会社の名前になっているはずです。

つまりその車の真の所有者は販売店や信販会社なのです。

自分はあくまで使用者という身分。そのため車を勝手に売ることなど出来ません。所有者ではないのだから当然です。

もしローン途中の車を売りたい場合は所有権の解除が絶対必要になってきます。自分でやろうとすると手順は結構ややこしてくて面倒。専門サイトなどで手順が紹介されていますが、かなり難しそう。

やり方を紹介している専門サイト:
所有権解除してローンが残っている車を売る手順

でも心配いりません。買取店に車を売れば全部代わりにやってくれます。

ここでひとつだけ重要な問題があります。所有権を解除するためには残りのローン残金を一括で返済しないといけないのです。

ローンを精算しないまま車を売ることは不可能。車だけ売ってローンはその後も払い続けられたらいいんですけどね。でもそういうワケにはいきません。ローンの一括完済は絶対条件です。

だからある程度まとまったお金が必要になります。でもほとんどの人は車を売った代金をこの完済に当てています

本来ならまずローンを完済しないと車は売れないのですが、買取店が車の売却代金をローン完済に当てられるようにしてくれます。

足らない分は新たなローンで

足らないならお金を借りる

車の売却代金をローン完済に当てられるので助かります。

しかし車の査定額が低い場合は完済とはいきませんよね。こういうときは足らない分を自分のお金で支払います。貯金を切り崩すなりしてお金を用意してないといけません。

しかしこの金額が大きいとお金を用意することが出来ないかもしれません。そうなるともう新たにローンを組みしかありません。

自分で消費者金融などでお金を借りてもいいし、買取店によっては借り換え用のローンを用意しているところもあったりします。